2018年11月28日(水)

高度人材の未来 – タイ・産業の未来 2

  • Course Category
  • 異文化理解

Description 講座紹介|Course description

激しさを増す、タイでの人材獲得競争

タイでの人材の獲得競争が、ますます激しくなっています。製造業の重要拠点でありながら、もともと理工系人材の層が薄いといわれるタイ。ここに来て、日本企業が欧米や中国メーカーと高度な技術・技能を持つ人材を争奪する構図もはっきりしてきました。

国の産業高度化への方向を示すThailand 4.0構想を背景に、タイ政府もエンジニアや研究開発(R&D)人材などの高度人材の育成に力を入れ始めています。中所得化と労働人口減少による賃金水準が高まっているタイでは、今後、国際競争力を高めるために低廉な労働力だけでなく高付加価値の次世代産業を担う、高いスキルを持った人材の育成が急務となっています。

そもそもタイ政府が位置付ける技術者や高度人材の定義、ランク付けとはどのようなものなのでしょうか?現在の産業を支えるエンジニアや研究者たちの教育と、次世代産業を担う人材の育成にはどのような違いがあるのでしょうか。そして今後、日系企業が高度人材を獲得し、拠点機能の高度化をはかるにはどのような施策が必要なのでしょうか。

本講座では、タイの人材育成に精通する講師から、タイの技術者たちの実際やタイ政府の高度人材育成に向けた取り組みの詳細をお聞きし、今後の日系企業の高度人材獲得に向けた課題を掘り下げます。

※お得なシリーズ3講座セットもございます。セットでお申込みいただくと、通常3回12,000THBのところ、2,000THBお得な10,000THBで受講いただけます。
シリーズ3講座セット:https://miraicampus.com/course/set-1802/

特徴|Point

1)本講座では、タイの人材育成に詳しい2名の講師をお招きし、それぞれの立場から、現状と課題、実例や展望について伺います。また、在タイ日系企業という立場から、どのようなメリットを享受できるのか、また今後の施策にどのように関わることができるのか…など、さまざまな観点から議論を掘り下げます。

2)本講座では、モデレーターとして日本経済新聞・飯田展久アジア編集総局長が記者の目線から鋭い質問や問題提起を行います。また、ファシリテーター兼逐次通訳者として、mirai campus 運営元の mediator co., ltd. CEO のガンタトーン・ワンナワスがタイ⇄日本語の逐次通訳を行い講座の進行を行います。

3)2018年前期の講座でいただいたお客様のご意見を元に、旬なトピックを取り上げ、議論を掘り下げるための有識者2名を講師に招いて、皆様の日々の課題や疑問におこたえします。

対象|Target

在タイ日系企業駐在員の方、事業拡大に伴う高度人材の確保をお考えの方

形式|Format

パネルディスカッション型(定員30名)

講座のスケジュール|Program Schedule

13:30 受付開始
14:00 講座開始
17:00 質疑応答
18:00 講座終了

User Voice この講座と類似した講座に参加されたお客様の声

  • タイ人へのアプローチ方法を見直すきっかけになった。の画像

    タイ人へのアプローチ方法を見直すきっかけになった。

    今までは表面的な反応だけを見てタイ人とのコミュニケーションを図っていたことがよく理解できました。国民性や価値観に関する考え方の深い部分を知ることが出来たので、職場のタイ人に対するアプローチ方法を変えてみるきっかけになりました。

    • Course Category
    • 異文化理解参加
    • サービス業 Sさん
  • 「異文化対応力」異なる環境にどう対応するかに注力する。の画像

    「異文化対応力」異なる環境にどう対応するかに注力する。

    日本とタイは共通点が多くあるように感じていたが、タイ人と一緒に仕事の成果を出すための付き合い方は経験則だけでは不十分だと思った。自分は価値観の違いを論理的に理解することができたので、会社のタイ人にも同じ内容を理解して欲しい。

    • Course Category
    • 異文化理解参加
    • 食品加工業 Yさん

Speaker 講師|Speaker

ガンタトーン・ワンナワスの写真

ガンタトーン・ワンナワス

CEO, mediator co., ltd.

在日通算15年。2004 年埼玉大学工学部卒業後、在京タイ王国大使館工業部へ入館。タイ国の王室関係者や省庁関係者のアテンドや通訳を行い、タイ帰国後の2009 年にMEDIATOR CO., LTD. を設立。日本貿易振興機構(JETRO)や福岡県などの日本政府機関、地方自治体の仕事を請け負う他、JETRO海外コーディネーターや中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー等、日本の6つの組織でアドバイザーとして日本企業をサポートしている。

日本語能力は、日本語能力検定(JLPT)にて最高レベルのN1保持者、ビジネス日本語検定(BJT / 2016年)にて東南アジア最高得点を獲得。2017年9月には、タイ政府主催の日タイ国交イベント「タイ経済ミッション」にて総合司会(日本語 / タイ語)を担当。

ターウォーン・シャラッサティアン 氏の写真

ターウォーン・シャラッサティアン 氏

The Federation of Thai Industries(タイ工業連盟)- Vice Chairman

1974年にDENSO(THAILAND)CO.,LTD. に入社。以来、定年までの44年間同社一筋で勤務し、最終的にはシニア副社長を務めた。

現在は、タイ工業連盟の副連盟長、タイ自動車工業会(TAIA)のシニア副会長、タイ自動車部品製造業者協会(TAPMA)の副会長、タイ自動車技術会(SAE Thailand)顧問、泰日経済技術振興協会(TPA)副会長、タイ専門家資格認定研究所(TPQI)取締役会等、タイの産業振興に尽力している。また、職業教育、人材育成にも力を入れており、技能開発局(DSD)傘下の自動車人材育成アカデミー(AHRDA)と製造自動化・ロボット化アカデミー(MARA)の政策委員会副会長も務めている。

バンコクテクニカルカレッジ(技術専門学校)を卒業後、Rajamangala University of Technology Krungtep(機械技術学科)にて学士を修得。

飯田 展久の写真

飯田 展久

日本経済新聞 アジア編集総局長

1963年生まれ。1987年中央大学法学部法律学科卒業、日本経済新聞社入社。大阪での事件記者、東京での流通・サービス業界の担当などを経て、1999年~2002年インドネシア・ジャカルタ支局長。アジア通貨危機やスハルト元大統領退陣後の混迷極まるインドネシア情勢を取材。帰国後、東京で企業取材のキャップ、マクロ経済のデスクなどを務めた後、消費産業部長、企業報道部長。2015年~2017年日経ビジネス(日経BP社)編集長、同年4月から現職。

Apply 講座のお申し込み|Apply

Course CODE A-1806-JT
Course 高度人材の未来 – タイ・産業の未来 2
Date 2018年11月28日(水)
14:00-18:00
Price 4,000THB + VAT7% / 1名
Language タイ語・日本語の逐次通訳
Place mirai campus
Major Tower Thonglor Fl.10, 141 Soi Thonglor 10, Sukhumvit Road, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110

Close

Related Course 関連講座|Related Course

mirai campus news letter

『mirai campus news letter』は毎月1回、mirai campusの最新情報をお届けするメールマガジンです。 タイでのビジネスに役立つ様々なテーマで開催される講座や取材記事コンテンツをお送りします。 購読をご希望の方は、右記よりご登録ください。